Royal Copenhagen WHITE POT Series /ロイヤルコペンハーゲンホワイト ポット シリーズ 北欧食器

——————————————————————–

透き通るような白で装飾のないシンプルなシリーズWHITE POT/ホワイトポット グレーテ・マイヤーのデザインの廃盤になってしまったシリーズです。

∵∵∵

∵∵∵

 

Share Button
説明

Royal Copenhagen

White Pot


1972年に発表されたこちらのホワイトポットシリーズ、元々は高級レストランなどの業務用にデザインされました。
料理を引き立たせる真っ白なデザインと柔らかなフォルムは人々を魅了しました。

Royal Copenhagen WHITE POT Series /ロイヤルコペンハーゲンホワイト ポット シリーズ 北欧食器

designed by
Grethe Meyer
in 1972


当時競合となっていたドイツ製の業務用食器により優れたもの生み出したかったグレーテ・マイヤーは多機能なデザインのホワイトポットシリーズを設計、スペースの節約ができるようにスタッキングでき、また研究を重ね、機能的で美しく、丈夫なデザインとなりました。品質とデザインを追求した結果、当時の競合の物より価格高かったホワイトポット、その為、品質を重視する格式高いレストランのみで使用されていました。

Royal Copenhagen WHITE POT Series /ロイヤルコペンハーゲンホワイト ポット シリーズ 北欧食器

quality
and
design


元々は建築家という側面もあったグレーテ・マイヤー、中にはBorge Mogensen/ボーエ・モーエンセン と共作で生み出したByggeskabeというシリーズのシェルフやペンダントランプ、またGeorg Jensen/ジョージジェンセンではカトラリー、やHOLMEGAARD/ホルムガードではこれまた機能美の兼ね備えたスタッキングできるグラスなども設計しています。

ITEM

SPEC

Royal Copenhagen WHITE POT Series /ロイヤルコペンハーゲンホワイト ポット シリーズ 北欧食器


彼女は20世紀デンマークで最も重要なデザイナーの一人と呼ばれ、
様々なプロダクトを手がけたグレーテ・マイヤー
デザインする上での信念は、”実用性と良質さを兼ね備えたデザイン”そして人々は、より品質に目を向け、大量消費ではなく、より少ない製品を買うべきと唱えていました。


デンマークデザイン賞を受賞した際のスピーチより要約『年を重ねていき宇宙や環境について考え、その素晴らしさを知りました、私は、すべての分野において環境に配慮するべきと強く願っています。同時に、製品の品質を維持するために不可欠な優れた職人技を生かしておくことをお勧めします。これに注意が払われない場合、私たちの国は貧しく、優良な企業がなく、そしてまともな雇用機会のない時代に立ち向かうでしょう。』

この言葉からもマイヤーの並々ならぬデザイン美学が感じられます。


【メーカー】Royal Copenhagen/ロイヤル コペンハーゲン

【シリーズ】White Pot/ホワイト ポット
【デザイナー】Grethe Meyer/グレーテ マイヤー
【生産年代】1972年~2009年

【素材】陶磁器

【サイズ】 カップ/W10cm(取っ手含む)×φ8.2cm×H4.5cm ソーサー/φ12.3cm×H1.5cm プレート/φ18.5cm×H2.5cm

追加情報
Made

Denmark, Scandinavia